スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
猫に危険な植物
前回書こうと思っていて 書き忘れたことがありました。

ユキが死んでしまったとき、お花を供えてあげようと思い、花屋さんでカサブランカの花束を作ってもらい、遺体の傍らに置かせてもらって家に帰ってきました。
帰ってから、百合で良かったのだろうかと思って、何気ない気持ちでネットを調べてみたら、怖ろしい情報が続々と画面に表示されてびっくりしました。

なんとユリ科の植物は猫には猛毒であるとのこと。
体についた花粉をなめたり、百合を生けていた花瓶の水を飲んだりしただけで重篤な症状になってしまうことがあるらしい。

ユキのお家には猫が2匹いて、そのうちの1匹はユキと特に仲良しだったらしく、遺体となってしまったユキに寄り添って寝ていたのです。
びっくりした私は猛スピードでユキのお家に戻って、飼い主さんに事情を話し、くれぐれも気を付けてくださいとお願いしました。もし猫が花粉をなめていたり、葉をかじっていたらと思うと生きた心地がしませんでした。
幸い2匹の猫には異常はなく、大丈夫だったのでほっとしました。

猫を長年飼っている人に聞いても、百合の花が危険であることは知らなかったそうです。私も今回のことがなければ知らないままでいたでしょう。

ネットで猫に危険な植物をまとめておられる方のサイトによると、同じユリ科のチューリップ(新潟市の市花)も特に危険な植物になっているし、新潟市内の街路によく植えられているツツジ科の植物、シャクナゲやアザレアも同様に要注意の植物です。
ほかにもなじみのある植物で危険なものはいっぱいあります。
これから植物を新しく購入するときは調べてから買おうと思いました。家に猫はいませんが、時々ほかの家の猫が庭に遊びに来るので。

ネット上の情報をいろいろ見てみると、猫のいるお家に花を贈るならバラ(かすみ草はダメ)、ひまわり、ガーベラが無難みたいです。
ただしバラの実(種子)は危険らしい。

花屋さんや園芸店でも危険な植物は表示してくれればいいんだけど、色々難しいのでしょうか。
犬猫がいても安全な花束を販売してくれたら、飼っている人は助かると思うんだけど。。
 
スポンサーサイト
2015/03/05(Thu) | ユキとの散歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ご報告
前回ブログを更新してから3年近く経ってしまっていたのですね。
月日が経つのが早いことに呆然とするとともに、桜と一緒に写っているユキを見てなんともいえない気持ちになってしまいました。

先週の木曜日、2月19日、新月の日の朝ユキは天国へと旅立ちました。
去年1月と10月に2度乳腺腫瘍の手術を受けたのですが、術後も良好で、2月になるまで元気に散歩に行っていました。
ところが今月の8日に散歩に行こうとすると、すぐにへたりこんで動こうとしません。おかしいと思って、翌日の朝動物病院で検査してもらうと、大きな癌がおなかにできていて、手術もできないし治療もできることは何もないと言われてしまいました。
乳腺腫瘍がまたできるかもしれないと思って、乳房は注意して観察していたのですが、まさかお腹の中に癌ができているなんて思いもしませんでした。お腹もしこりはなく触った限りではやわらかく感じていたのに。。
獣医の話によると、去年10月の腫瘍が悪性だったのか、それともまた新たに発生したものかもわからないとのことでした。1月の腫瘍が良性だったので、10月の時も良性だと判断して、病理検査をしなかったそうです。

それでも11日はまた普通に散歩に行って、私が持って行ったおやつも全部平らげて元気そうだったのですが、その翌々日13日に立てなくなって、水しか飲まなくなり、1週間後とうとうユキは逝ってしまいました。
10年以上、毎週末ユキと散歩に行くことは、私にとって一番の生きがいであり楽しみなことでした。ここ数年は年齢のせいかユキもあまり長い距離を散歩しなくなって、古町周辺を所々で休憩しながらお散歩するようになっていました。
歩いている時間よりも休憩している時間のほうがずっと長くて、ユキは多くの人にかわいがってもらいました。
おやつをわざわざ用意してくれているお店の人もいたりして、本当にユキは人気者でした。

ユキと毎日一緒にいたわけではないので、ユキが死んでしまったと頭ではわかっていても、しばらくは実感があまりわきませんでした。
ところが今日土曜日、いつもなら少し早起きをしておやつを用意してユキのところへ行っていたのに、もう早起きをする必要もないし、ユキも私をもう待っていてはくれません。いつも突進するように出てきてくれて、あんなに喜んでくれたのに。
そのことを思って急にユキの不在が現実として心に迫ってきました。
でもユキは命のぎりぎりまでそばにいてくれて、感謝の言葉しかありません。

このブログを見てくれた方々にも感謝します。コメントをいただいた方もありがとうございました。

また何か書きたいことがあったら、また更新します。


お稲荷様

今年のお正月、ユキはよく歩いたのです。
去年行けなかった、西大畑のお稲荷様へ初詣。(元日)

やすらぎ堤

やすらぎ堤にて 1月2日

出初め式

出初め式の日 1月11日

ごんちゃんと

上古町のアイドル猫 ごんちゃんと 同じ日 
(これが私が撮った最後のユキの写真です)
 
2015/02/28(Sat) | ユキとの散歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。